店舗紹介ーアンデス食品ー(食肉)

こんにちは!
引き続き、今週も東久留米卸売市場の店舗紹介をしていきます。
市場の専門知識の無い僕が書くブログです。
自分なりの言葉で感じたまま書いていきますね。

今回は肉のアンデス(アンデス食品)さんを紹介します。
主な取り扱い商品はズバリ「お肉」です。
国産の牛肉、豚肉、羊肉、鶏肉を中心に、輸入肉やオリジナルのタレを使った味付け肉も取り扱っています。

まず市場内のお店の位置を見てみましょう。
正面の入り口から入って駐車場を抜け、先日紹介した青果の「銀泉」さんのお隣に「お肉のアンデス」さんがあります。

冷蔵ケースの向こう側に店員さんがいて、テキパキとお肉の加工をしています。
日頃のように、スーパーの冷蔵庫に陳列されたお肉を買い物カゴに入れて買うのとは少し雰囲気が違いますね。

見ての通り、その場で加工していますから、厚切り、薄切り、しゃぶしゃぶ用、ステーキ用、トンカツ用、BBQ用…などなど、店員さんにお願いすればリクエスト通りにカットしてくれるのも嬉しいですし、色々な献立用に下ごしらえされたお肉が揃っているのも食卓にとって便利です!

店内にたくさんあるポップも目を引きます。
甘みがおいしい「国産豚バラ」、ジューシーで味わい深い「厚切り国産豚ロース」、BBQ国産牛サーロインブロック、リブロースブロックのポップには「商談しましょう」と書いてあってビックリ!

そんな中、今回僕がとびきり心を惹かれたのはこの商品です!
アンデスさんの特製のタレにつけこまれた「国産豚のドラゴンブー」です。
もう見るからに味が染みこんでいて美味しそうですよね。
そしてお値段もお手頃というのも嬉しいです!

正直に言うと「ドラゴンブー」という名前が初耳だったのでインターネットで調べてみると…

「Dragon Boo」(ドラゴン・ブー)
ドラゴンブーという商品名の由来は
「竜の背中のような切り目がお肉に入っているから」との事です。
ということは「ブー」の由来はブタさんの鳴き声か…(笑)
切り目があることで、火の入りや味の染み込みが良く、やわらかさとジューシーさを引き出すそうです。

確かにそう言われると切れ目が竜のウロコのようにも見えてきました(笑)

価格は以下のとおりです。
ドラゴンブー 100g 150円(税抜)/162円(税込)

国産豚ばら肉を長いままカットし、隠し包丁を細かく入れてタレに漬け込みました。
タレはたまり醤油を使ったアンデス食品オリジナルのタレで、ごはんによく合います!
これからの季節、バーベキューにもおすすめです!
※200gからの販売となります。

皆さんどうです?
確かに一口目のお肉で、ごはんをお茶碗一杯ぐらい軽々いけそうです(笑)
味が染みているからお弁当にも合いそう。
タレの味が染みたごはんがまた美味しいんですよねー。

ご縁あってこのブログをご覧になった方は、ぜひアンデス食品さんにお越しくださいませ。

以上、わたなべがレポートいたしました。