店舗紹介ー柴源ー(マグロ・海鮮・寿司ネタ・冷凍・川魚など)

こんにちは!
引き続き、今週も東久留米卸売市場の店舗紹介をしていきます。
市場の専門知識の無い僕が書くブログです。
自分なりの言葉で感じたまま書いていきますね。

今回は柴源(マグロ・海鮮・寿司ネタ・冷凍・川魚など)さんをご紹介します。

市場内マップでのお店の位置は、
正面の入り口から入って駐車場を抜け、銀泉さんとアンデス食品さんの間を抜けると、ドーンとひと際大きな店構えの「柴源(しばげん)」さんがあります。

昭和39年に浅草から始まった柴源さんは今年で創業55年。
来年には2度目の東京オリンピックを迎えることになるんですね!
スタッフさんにお店のモットーを伺ってみると…
「海鮮魚類の新鮮な品を豊富に取り揃え、卸売値段にて販売し、スピード第一の流通を測り、お客様のお喜びのお手伝いをいたします。」
さらに、どんなお客様が買いにいらっしゃるのか聞いてみると…
「各小売店、寿司商、料理店、病院、高齢者施設などたくさんの消費者のお客様にご利用いただいております。」

おぉ、幅広い客層ですね。
さらに、初心者の僕向けに季節ごとの旬の魚を教えていただきました。
【季節の代表商品】
春…鯛、カツオ、サワラ
夏…うなぎ、鮎、アジ、カジキ、カレイ
秋…サンマ、サバ、カワハギ
冬…金目鯛、あんこう、マグロ、ヒラメ、フグ
さすが専門的!
スーパーの魚屋さんとは一線を画した存在です。

今日は大きなキンメダイがありました!

1匹2,800円(税抜)~だそうです。
目が透き通っていて、新鮮さが伺えます!

そして、夏といえばウナギ!

肝串もあってついつい買ってしまいそう!

他にも冷凍マグロがゴロゴロとあったり、貝類も水槽に入ってブクブクと酸素を送っていたりします。
もちろん、ご家庭用のニーズにも対応していて、店頭にはお刺身の盛合せ、各種魚のフライ、海鮮丼、まぐろトロ丼各種、天ぷら、煮魚、うなぎの蒲焼、各種尾頭付きなど迷っちゃうほどあります。
加工品や魚類の佃煮も始めたと言っていました。

バスツアーで立ち寄りくださるお客様も大歓迎とのこと!
事前にご連絡頂ければ、ツアー参加の皆さんに喜んで頂けるメニューも考えるそうなので、是非ご相談ください!!

また、柴源さんでは「おさかなマイスター」という資格を持つスタッフさんがいます。
 
「おさかなマイスター」とは、魚をおいしく賢く食べるために、魚の魅力を伝えるために、魚介類の旬、栄養、産地、漁法、調理、取扱方法などを学び、魚の魅力や素晴らしさを伝える資格で、魚食普及のために水産業界が立ち上げた制度だそうです。
さかなクンや大手水産系の会社の社長さんも持っているそう。

お立ち寄りの際はこの顔を探してください!
わからないことがあればどんなことでも聞いていいそうです♪

お客様からの質問で一番多いのは「漁獲産地」です。
もちろん明確にお答えします。
次に多いのが「値段が安いのはなぜ?」で、この理由は「卸売価格だから」なんですが、この話をするときのスタッフさんが妙に嬉しそうで印象的でした。
多分お客様にもあの顔で答えているんだろうなぁ(笑)

季節に関わらず、その時々で脂のノリや新鮮さが異なるときがあるので、いいお魚を手に入れるって案外難しいですよね。
そんな時は遠慮なく柴源さんのスタッフにおたずねください。
親切丁寧に対応してくれます。

いかがでしたか?
今回は柴源さんのご紹介をしました。

このブログをご覧になった方はぜひ柴源さんに足を運んでみてくださいね。
スタッフ一同お待ちしております!

以上、わたなべがレポートいたしました。